紙、布、雑貨 /tokyo.
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< パキスタンの琺瑯 | main | ポルトガルとトルコの雑貨 >>
額が入荷しました!

 

久しぶりに額が入荷しました!

 

最近品薄で、とうとう完売してしまっていたのですが、

クリスマス前にどっさり入荷しました。

 

中に何か作品や写真などを入れて、プレゼントにしても素敵です。

 

 

人気のゴツゴツ(と私は呼んでいる、笑)や

レリーフのように細かい模様が入っているもの。

 

 

貝ボタンのようなパールがかった素材感がきれいな額や、

竹のようなフレームが個性的な額まで、色々入荷です!

 

 

額って本当に不思議で、中に何も入っていない状態で見ると

これは渋すぎるな〜と思ったりしても、絵を入れた途端に

すごくしっくりきたりするのです。

 

このバンブー調の額もそう。

ちょっと渋いな、と思っていたのに、1970年代のLIFEから

広告ページを切り取って入れて見たら、すごくかっこよくなりました。

 

額っておもしろいです。

是非チャレンジしてみてくださいね〜〜

 

 

ちなみにstockで扱っている額は、よく海外のものだと思われていますが、

額職人の中瀬慎一郎さんの手によるもの。

 

フレーム自体はイタリアなどのものだそうですが、

長い竿の状態で仕入れし、大きな額をオーダー制作した後の

(中瀬さんは著名な画家さんの額装などをしているのです)

端材で作ってくださっているので、一般的な相場より価格が抑えめに

出来るんだそうです。ありがたいですね〜〜

 

そんな中瀬さんが先日熱海にギャラリーをOPENしたので行ってきました。

 

 

Gallery kao/額房 顔

ギャラリーでありながら、額の注文も受けられるスペース。

熱海の「起雲閣」から路地に入ってすぐあります。

 

(起雲閣は大正時代は別荘だったところを、昭和22年に旅館にし、

たくさんの文豪が執筆に滞在したという熱海の名所。

今は熱海市指定有形文化財として見学に入ることができます。

ここもとっても素敵です!)

 

 

今は日本画家の大谷まやさんの「多彩なワールド」展が開催中です。

(起雲閣でも屏風絵が展示中!)

 

実はまや先生は私の学生時代の恩師であり、今も憧れの人。

(日本画ではなくデザインを学んでいたのですが)

中瀬さんと知り合い、額をstockで扱わせていただくようになったのも

まや先生がいたからなのです。

 

こんな大人になりたいな〜と今でも目標のおふたり。

 

1月もまや先生の展示は続きますので、熱海に行った際には

是非寄ってみてください!

 

ちなみにGallery kaoではミニ額の扱いはなく、オーダーの額が中心です。

例えばstockで購入したミニ額と同じフレームで、

この作品を入れたい、などのご要望がある方は、

直接ご相談してもいいと思いますよ〜

(臨時休業などもあると思いますので、一度ご連絡したほうがいいかも)

 

Gallery kao/額房 顔

静岡県熱海市昭和町4-42-101 

TEL/FAX 0557-28-0112

 

そして今回は日帰りで温泉なしでしたが、それでも熱海はおもしろかった!

 

 

その場で箱につめてくれるかわいいおまんじゅうやさん。

 

 

制服をここで買うんだな〜というノスタルジックな洋品店。

 

 

寄れなかったけど魅惑のメニュー。

 

 

昭和な雰囲気の旅館。アロエが茂り過ぎてて素敵。

 

 

ヘルシンキ。。。には見えないけど、カモメ。

 

あとはうっかり三木製菓が熱海だと忘れていて寄れなったのが

心残り。。。!

パッケージがレトロでかわいい三木製菓、

ラングドシャが有名ですが、実はバームクーヘンが絶品とのこと!

行った方は是非〜〜

 

さてさて、明日よりやっと!

ポルトガルとトルコのものをstockに並べます。

みなさまどうぞよろしくお願いいたします!